DayTime

本日の日中イベントはございません。

more…

NightTime

吉祥寺WARPpresents
「!!!コピーバンド伝説!!!」

more…
!!!コピーバンド伝説!!!
close

【出演】

「ファルチヘッド」(Radiohead)

Vo,Gt 山根(jaw)

Ba ファルチ

Gt 神山(jaw)

Gt 吉原

Dr 杉山(Bob Paulsen)

「alt of the back horn」(THE BACK HORN)

Vo トシキ(alt of the society)

Gt アデル(mummy family / NONMALT / kokeshi)

Ba アベシ(toxilas)

Dr フード鶴岡(ゲスバンド / canaria)

「andyにねんす」(andymori)

Vo,Gt 邑楽ゆうさく(こんちにねんす)

Ba 米山陽祐(こんちにねんす)

Dr 図師りゅうじ(こんちにねんす)

「マクラマン」(the pillows)

Vo,Gt なかねパンサー(神々のゴライコーズ、clayナcake)

Gt アンリ(ペドラザ)

Ba タム(MUSHS)

Dr サトウコーキ(MUSHS)

「メリメリサービス」(サニーデイ・サービス)

Vo,Gt 下平航士朗(merimeriyeah)

Ba 南部陽資(merimeriyeah)

Dr 石渡朔子(merimeriyeah)

「ばらばら帝国」(ゆらゆら帝国)

Vo,Gt 島田(Bob Paulsen)

Ba 吉田美和(吉祥寺WARP)

Dr,Vo ころ(noffoff)

「Buddy Kenya」(Weezer)

Vo,Gt いとしゅう(Negative Campaign)

Gt くまだ(Ingalls)

Ba ヒカリ(Ingalls)

Dr すなが(Mr.Seaside)

「IBU-WRAPPIN'」(中納良恵)

Vo,Gt 中村いぶき(noffoff)

Gt 車田康文

Ba よし田大輝

Dr 松田耕太郎

「レイニーまさきブルー」(徳永英明)

Vo,Gt 岡本まさき(popolomonica)

Key 松下正佳


OPEN/START 17:30/ 18:00
DOOR ¥1000(+1drink)

MidNight

本日のクラブタイムイベントはございません。

more…

Artists / warp出演アーティスト一覧

ポッグカウチナゲット
左から、小林 信行(Gt),賀谷 聡(Gt),和田 貴之(Vo),飯田 貢(Dr),藤沼 秀一(Ba)

世田谷の猫が、今日も『みゃーみゃー』と鳴いております。


2004年3月結成。
2008年8月、ベースの遠藤尚子が脱退。
同年8月31日の新宿LOFTのライブより、ベースの藤沼秀一が正式加入。
2010年12月、ドラムの阿部充が脱退。
2011年4月、ドラムの飯田貢が正式加入。現体制となる。

地元・千葉の稲毛K'sDream、下北沢SHELTER、新宿LOFTを中心に活動中。

ツインギター、ハンドマイクボーカル編成の5人組バンド。
緻密に練られた多種多様な楽曲構成、エモーショナルなサウンドやステージング、それらに等身大の唄を乗せて、独特の世界観を表現している。
屈折しながらも、喜怒哀楽を真摯に伝えようと、人間の本質をバンド全体で表現する。

現在、大型フェスで活躍するバンドと数多くの競演を果たし、そのライブパフォーマンスに賛同と定評を得ている。


2010年5月26日、初の正式音源となる1st mini album『妄言と連日』を、稲毛K'sDream店長の田中幸一氏がレーベルオーナーを務める、ART BOX recordsよりリリース。それに伴い、「妄言DE連日ツアー」と題して、全国17ヶ所のリリースツアーを行う。

発売前から、TOWER RECORDSバイヤー達の間で話題となり、新人としては異例ともいえる販促展開を得て、TOWER RECORDS渋谷店インディーズチャート第2位、新宿店でインディーズチャート第3位、邦楽総合チャート第10位を獲得。その他にも軒並みチャートインを獲得。確実にその名を全国に拡げている。


【主なプロフィール】

■自主企画『感応かまいたち』を稲毛K'sDream、下北沢SHELTERにて、継続的に開催。

■2007年5月、下北沢SHELTERにて『tumol music 1000』に出演。
(w/monobright、a flood of circle)

■2008年4月、SONY music主催『ロック番長』に出演。

■2008年12月、稲毛K'sDreamにて、ワンマンライブ『Y路地の直情』を開催。

■2009年8月、下北沢SHELTERにて、openingとの2マンライブ『円融×感応』を開催。

■2009年11月、Quip magazine主催『shimokita round up2』に出演。
(w/the band apart、LOVE LOVE LOVE、ランクヘッド、アナログフィッシュ等多数)

■2010年2月、『三上美容院 深夜営業』に出演。
(w/ひょうたん[from.eastern youth]、SHIMORYO[the chef cooks me]、コハタタロウ[avengers in sci-fi]、tkc[he]、eiichi kogurey[the band apart])


■2010年8月、下北沢SHELTERにて、openingとの共同企画『円融×感応 vol.2』を「妄言と連日」ツアーファイナルと兼ねて開催。

(ゲスト:susquatch, the chef cooks me)



■2010年10月、下北沢ERAにてopeningとの共同企画、『円融×感応 vol.3』を開催。

(ゲスト:he,Clean Of Core)



■2010年11月、稲毛K'sDreamにて、ワンマンライブ『Y路地の15歳』を開催。


■2010年12月、新代田FEVERにて、openingとの共同企画、『円融×感応 vol.4』を開催。

(ゲスト:about tess、s-explode、CHROMATIC 10 GOKU[herAx(ex-200mph)、林哲也(ex=200mph)、成井幹子(from sgt)、駒村将也(from MINOR LEAGUE)] )



■2011年9月、『ETERNAL ROCK CITY.2011』に出演。

(w/ZAZEN BOYS、the telephones等多数)



■2011年10月、日本最大級のショーケースライブ、FM802主催『MINAMI WHEEL 2011』に出演。





【その他のプロフィール】

■rockin'on JAPAN主催のコンテスト『RO69JACK 2009』『RO69JACK 2010』にて2年連続で入賞を果たす。

■劇団カクテルに楽曲を提供。

■ギターマガジン2009年10月号の特集にて、モデルバンドとして起用される。

■雑誌Roof topにて、注目の新人としてピックアップされる。



  

ここまで独自の世界観を持っている5人を羨ましく思います。「独自の世界観」などと安い言葉しか出てこない自分が憎いくらいです。カオティックな音を基本として様々なサウンドを配置していく楽曲は、ギターロックのフレームを超えておそろしくカッコいいんです。とにかく先人の跡を追い、隙間をついてただただ珍しさを追求するバンドではありません。(雑誌「Rooftop」内の記事より一部抜粋)

下北沢SHLTER店長:峯崎 智弘



ポッグカウチナゲットは青少年5名からなる危なっかしい(いい意味で)ロックバンド。とりあえず世田谷の猫が鳴きまくっているらしい。楽曲は分かりやすく言えば「エモい」が、ただのギターロックでは収まりきらないし、単純なエモバンドとも一線を越す。自分たちの世界観が出来上がっているが、これからはもっとその世界観が広がっていくと思う。(一部修正)

新代田FEVER店長:西村 等
warp 次回